【島田海吏】赤星2世候補だった陸上100mのオリンピック選手に勝った男は1番バッターに起用され結果を残し始めている

守備固めと代走から脱皮しつつある男

「島田海吏」

誕生日:1996年2月6日

出身:熊本県宇土市

2017年ドラフト4位(上武大学)

176m/右投げ/左打ち

”かいり”と読みます。

藤浪世代です。

2021年の盗塁王はもう間違いなく中野拓夢ですが、2位は近本光司でしょう。

改めて、阪神タイガースは足が速い選手が多いです。

そんでもって、その近本は最多安打王です。

この2人は、1番2番コンビでもあります。

ヤバいですよね。

阪神タイガースは、リーグトップレベルの打てて走れる選手が1番2番だったのです。

そんな中で、リーグ戦後半に1番を任される機会が増えたのが島田海吏。

後半も後半で、乳酸菌飲料との優勝争いが激化している中です。

不調の選手が増えたことで、3番に座ることが増えた近本の代わりです。

大事な時期に抜擢され緊張もあるはずですが、しっかり成績を残しています。

猛打賞も記録し、固め打ちも。

シングルヒットが多いながら、ここぞという時に打ってくれる選手になりました。

「赤星2世」はとりあえず決めちゃっていいのではないだろうか

この島田海吏、50mを5秒75で走ります。

快速ですね。

中学時代には、後のオリンピック選手である陸上「桐生祥秀」に100m走で勝利しています。

桐生選手は、日本人で初めて100m走を9秒台で走った公認記録(9秒98)を持っています。

年間を通してまともに出場していれば、盗塁王もありえることでしょう。

そもそも、最初から「赤星2世」として期待されていた逸材でもあります。

タイガースで足が速いと、何かと赤星2世と呼ばれます。

2世は早いとこ決めちゃって、3世4世と出てくればいいと思いますが・・・

直近の赤星2世と言えば、もちろん近本・中野コンビ。

めちゃくちゃ豪華じゃん、と。

でも、もとともは俺だったんだぜ、と頑張って欲しいです。

こうなると、盗塁記録の1~3位をタイガースが独占してしまう可能性がありますね。

打撃が課題ですが、ファームでもしっかり結果を残しています。

1軍戦でも、とりあえず2割5分。

大事なところでも打ってるし、このまま堅実に成長を続けて欲しい。

走れるだけでは、もの足りない。

打てて走れるという、当たり前であり、更に高いレベルが求められるのがタイガースだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です