2021年10月3日ロンシャン4R「G1凱旋門賞」予想最終結論

本命【7】クロノジェネシス

相手【15】スノーフォール

芝2400m右回り

詳しくは、分かりません。

ただ、当日になり「クロノジェネシス」がまさかの1番人気。

これは、日本馬初の凱旋門賞勝利を大きく期待できる久々の機会。

正直、「まさか、今回?」という気もしますが、もちろん応援します。

熱い期待を背負った

ディープインパクト

オルフェーブル

も成し遂げられなかった偉業。

その他にも、

エルコンドルパサー

ナカヤマフェスタ

なんだかんだ言って、けっこう挑戦するもなしえなかった夢。

1番人気ということは、大チャンスと見ていいでしょう。

牝馬の58kg、2400m、外枠、重い洋芝。

正直、かなり厳しい条件です。

それでも、弱い馬がいない中の1番人気は評価できます。

相手はディープインパクト産駒の「スノーフォール」

歴史的瞬間を、お見逃しなく。

買い目(1万割合)

・単勝⑦5000円

・ワイド⑦-⑮5000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です