2021年9月26日中山11R「G2産経賞オールカマー」予想最終結論

本命【6】ランブリングアレー

相手【1】ウィンマリリン【12】レイパパレ

ヒモ【11】グローリーヴェイズ【15】ロザムール

特注【10】キングオブコージ

芝2200mの右回り

ノリにノッテル「ランブリングアレー」を軸に。

距離が不安も、着実に走ってきた馬。

もう1つ上の同距離だと厳しそうなので、ここで決めてくるはず。

このコースと枠なら「ウィンマリリン」の味方。

状態もよさそう。

同条件で先週やらかした横山、流石に読めているでしょう。

おそらく1番人気の「レイパパレ」で実力いけば・・・というところ。

戦ってきた、勝ってきた相手が違います。

ただ、徹底的にマークされるでしょう。

叩きっぽいし。

実績馬の「グローリーヴェイズ」はとりあえず。

「キングオブコージ」もこの人気ならおいしい気がします。

「ステイフーリッシュ」を消し、急遽「ロザムール」を。

楽に逃げさせてもらえて、残る可能性もあると。

組み合わせが大事な感じのレースとメンツ。

刻みます。

買い目(1万割合)

・ワイドボックス①⑥⑫計1000円/計3000円

・ワイド流し⑥-⑩⑪⑮500円/計1500円

・ワイド⑪-⑮500円

・3連複ボックス①⑥⑪⑫⑮各500円/計5000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です