2021年9月20日中山11R「G2朝日杯セントライト記念」予想最終結論

本命【12】ソーヴァリアント

相手【7】タイトルホルダー

ヒモ【8】「レッドヴェロシティ」【11】ルペルカーリア【13】グラティアス

特注【10】オートクレース

芝2200mの右回り。

本来であれば「タイトルホルダー」が本命でしたが、日曜日の「ローズステークス」で上がり馬の「アンドヴァラナウト」が勝利したことにより、急遽「ソーヴァリアント」を本命に。

クラシックで戦っていなかった馬が、G1経験馬をしっかりねじ伏せています。

この夏の上がり馬は、やはりバカにできないと。

前走で完勝した「エイシンヒテン」が、上記ローズステークスで2着。

これでクラシック路線の馬達と勝負になることを、ある程度裏付けました。

お前らが放牧されてる間に先輩とバチバチにやってたよ、という感じでしょうか。

化け物級という評判は、各種数字を見れば確かに納得。

かなり異常ですね。

まあ、こういった馬は超圧勝か話題馬で終わるのが定番。

圧勝にかけるだけです。

弥生賞で負けていることが気になりますが、あの頃よりもただ強くなっただけだと。

少なくとも、馬券には絡むでしょう。

タイトルホルダーが複勝圏内を外すイメージがわかないので、そのまま相手に。

番手抜け出しで正統派な勝ちを演出しそうでもあります。

買うのはこの2頭だけでもいい気がします。

ここからは、3連係に入れたい馬をピックアップ。

先行したままタイトルホルダーを交わすとしたら、「ルペルカーリア」でしょうか。

もしくは、タイトルホルダーの先を行ってそのまま・・・もあるかも。

他の馬をさりげなく割って入るなら「レッドヴェロシティ」「グラティアス」くらいかな。

どれかこけたら、どっちか来るでしょう。

復帰戦でルメールが乗る「オートクレース」を少し。

買い目(1万割合)

・単勝⑫1000円

・馬連⑦-⑫2000円

・ワイド⑦-⑫4000円

・3連複⑦⑩⑫1000円

・3連複BOX⑦⑧⑪⑫⑬各200円/計2000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です