【ジョー・ガンケル】ライアン・ゴズリングに似ている制球力が高くてとにかく負けないピッチャーは高校の先生もやっていた

ライアン・ゴズリングのそっくりさんこと

「ジョー・ガンケル」

誕生日:1991年12月30日

出身:アメリカ合衆国フロリダ州

ボストンレッドソックス~いろいろなマイナー

2020年~阪神タイガース

195cm/右投げ/右打ち

ちなみに、

映画「ララランド」でピアノ弾いてたのが

ライアン・ゴズリング

甲子園で投げてるのが

ジョー・ガンケル

完全に同じ人じゃん。

※共に「デイリースポーツ」より拝借

ちょっと体が弱いのに負けがつかない

ふざけちゃいましたが、今年はメチャクチャ活躍しています。

正直、ここまで活躍するとは思われていなかったでしょう。

NPBデビューした2020年は、2勝4敗防御率3.18と非常に微妙な成績でした。

とはいえ、基本的にはリリーフ起用であり、11ホールドしています。

1年契約で残留。

2021年に覚醒。

開幕から6連勝。

しかも、先発初勝利からの6連。

とにかく、負けない。

まず、大量失点がない。

負けて下がった後には逆転する。

で、結果的に負けがつかない。

つまり、出ればチームの勝率が高いピッチャーなのです。

そこそこ打ちます。

マルテとタメです。

150km以上のツーシームも投げられて

スライダーもシンカーもいけて

にもかかわらず、打たせて獲れるグラウンドピッチャーでもあります。

四球も少なく、制球力が高い。

完璧じゃん。

しかも、高校の先生(臨時教員)もやっていたらしいです。

何でもできるじゃん、と。

ただし・・・ちょっと体が弱いです。

体調不良で登板回避ということが、多かった。

もちろん、体は大事にして欲しいです。

ただ、出れば勝てるので、出てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。