【大山悠輔】2020年の本塁打数がマグレではなかったことを証明して欲しい打撃不振が長めの令和のミスタータイガース候補

タイガースの4番はこの人しかいない

打順変えろや

の両方が聞こえる不思議な大黒柱。

「大山悠輔」

誕生日:1994年12月19日

出身:茨城県下妻市

2016年ドラフト1位(白鷗大学)

181cm/右投げ/右打ち

2021年にチームキャプテンに就任した次世代ミスタータイガース候補。

2021年の四番と言えば、大山。

甲子園の出場はないながらも、大学では1年生でベストナインに。

大学日本代表の4番サード。

ドラフト1位は当然の流れ。

1年目から1軍入りし公式戦初安打が決勝本塁打。

まさに、エリート。

そうは見えない、地味で寡黙な感じもいいですね。

浮つかない、真面目な男です。

この大山、1年目から4番に起用されています。

テルと同じコースですね。

新人が四番としてスタメン起用されるのは、53年ぶりのことでした。

新人の4番ホームランは、球団初の出来事。

最近のタイガースは、けっこう豊作なんですね。

大山が4番を打ち続ける=優勝

この大山、定期的に打撃不振に陥ります。

特の今シーズン(2021年)は、長かったっぽいですね。

しかも、2回ありました。

開幕当初は、近本と共に打てない「先頭と四番」を演じました。

リーグ戦後半は、1人だけ圧倒的に打てない状況。

1回の攻撃で2回アウトになった試合もありました。

他の人全員打っていて、4番が打てない。

1人だけ、点に絡めていない。

しかも、4番。

やっている方も、見ている方もキツイ感じでしたね。

2020年は、兎新聞社の岡本選手とホームラン王を競い合ったレベルの打者です。

そもそも、すごい選手なんです。

「もともと大したことはなかった」なんてことはないはず・・・

まだまだ”衰え”なんてこともないでしょう。

証明して欲しいですね。

とはいえ、リーグ戦再開から2試合連続ホームラン。

フォームも変わっていますね。

昨年に戻した説。

もっと早く戻して欲しかったですね。

最初から変えなければよかったのに。

テル

マルテ

サンズ

と、ホームランバッターがこれだけ揃っているチームもなかなかない。

本塁打、打点、得点圏打率をチーム内で競い合っている状況でした。

クリーンナップの破壊力は、日本一でしょう。

そんな中で大山が4番を打っている状況であれば、間違いなく優勝できるはずなんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です