【糸原健斗】エラーに注目されがちな元キャプテンは実は「怪我さえしなければ安打製造機ランキング」の1位かもしれない

調子がいいと怪我する男

「糸原健斗」

誕生日:1992年11月11日

出身:島根県雲南市

2016年ドラフト5位(JX-ENEOS)

175cm/右投げ/左打ち

最近、なんとなく「糸原と言えばエラー」みたいになってます。

主将の座を大山に譲った名誉キャプテンは、プロ初失策でサヨナラ負けを招いた男でもあります。

が、もともとキャプテンになるくらい信頼の厚い男です。

なぜ、ここのところ印象が悪いのでしょうか?

おそらく、最初の方の素晴らしい姿を見ているからなのです。

これは例年であり、単年でもあることが、悲しいところでもあります。

Mr.怪我さえしなければ

2021年開幕直後は、調子の上がらない近本を補うかのごとく好調。

一時は首位打者になっていました。

開星高校の1年生時には、公式戦で9打席連続安打。

いくら島根県とはいえ、これはかなりすごいですね。

プロ1年目でも、10打席連続出塁したことがあります。

これはセ・リーグ新人記録。

出場機会をもらった後は、大活躍し続けます。

そして、怪我。

糸原健斗という男は、調子がいいと怪我する傾向が明らかにあります。

優勝が現実視され、期待されまくっている2021年も前半途中に離脱・・・

復帰後は、攻守共に不安のある状態です。

打てないと、余計にエラーに注目されがちです。

もう、打つしかない。

やれるはずだ。

2020年には、骨折後に新しい風邪に感染するなど散々な状態。

それでも、本塁打3本はキャリアハイ。

正直、かなり数字が低いハイだが、打率だけではないことは実証できた。

意外と足も速い。

頼む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です